ONE THOUSAND PAPER CRANES
Friday, September 22, 2017
THE STORY OF SADAKO AND THE CHILDREN'S PEACE STATUE

HIROSHIMA/NAGASAKI ALERT

 

Commitment to Peace

 
August 6, 2017 
 
Children’s Representatives:
Tariho Nakaoku (6th grade, Hiroshima City Takeya Elementary School)
Yuta Aoki (6th grade, Hiroshima City Kameyama Elementary School)


Hiroshima before the atomic bombing had the beauty of nature, the warmth and kind smiles of loved ones,
a future being built together.
Hiroshima had normal, everyday life. 

At 8:15 am on August 6, 1945, Hiroshima became a burnt plain. 
The city was lost.
So many lives, so many dreams were lost.
A survivor then in elementary school tells us,“Even looking at my dead mother and sister, I shed no tears.”
They were robbed even of their feelings.
The people of Hiroshima, robbed of their most precious things, 
carry deep scars in their hearts. 

And yet, Hiroshima is again filled naturally with smiles, a city of trees, plants, and green, a city of peace that draws concern from people around the world. 

If Hiroshima’s people had given in, 
if they had given up their determination to recover, 
if none had struggled through the pain, 
Hiroshima would not be what it is today. 

A place to think about peace—Hiroshima. 
A place to commit to peace—Hiroshima. 
A place to start thinking about the future—Hiroshima. 

The people of the future don’t need to experience war, 
but they do need to learn the facts, the realities of war. 

Knowing the importance of each individual life, accepting each other, speaking directly to the people of the world, we will communicate tenaciously, never giving up.
We, children of Hiroshima, will summon the courage to build bridges that connect heart to heart. 
 
 

2017年 平和への誓い

原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。
大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。
一緒に創るはずだった未来がありました。
広島には、当たり前の日常があったのです。 

昭和20年(1945年)8月6日 午前8時15分、広島の街は、焼け野原となりました。
広島の街を失ったのです。
多くの命、多くの夢を失ったのです。
当時小学生だった語り部の方は、「亡くなった母と姉を見ても、涙が出なかった」と語ります。
感情までも奪われた人がいたのです。
大切なものを奪われ、心の中に深い傷を負った広島の人々。 

しかし、今、広島は人々の笑顔が自然にあふれる街になりました。
草や木であふれ、緑いっぱいの街になりました。
平和都市として、世界中の人に関心をもたれる街となりました。 

あのまま、人々があきらめてしまっていたら、
復興への強い思いや願いを捨てていたら、
苦しい中、必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません。 

平和を考える場所、広島。
平和を誓う場所、広島。
未来を考えるスタートの場所、広島。 

未来の人に、戦争の体験は不要です。
しかし、戦争の事実を正しく学ぶことは必要です。 

一人一人の命の重みを知ること、互いを認め合うこと、まっすぐ、世界の人々に届く言葉で、あきらめず、粘り強く伝えていきます。
広島の子どもの私たちが勇気を出し、心と心をつなぐ架け橋を築いていきます。 

平成29年(2017年)8月6日
こども代表
広島市立大芝小学校6年 竹舛 直柔
広島市立中筋小学校6年 福永 希実
 
 

Today is Friday, September 22, 2017.

No records found.